Stereoarts Homepage

□ Theta Shader Pack


概要

Unity 向けの THETA / THETA S の全天周画像をリアルタイムに Equirectanguler に変換するシェーダーと、それらの補助スクリプト一式です。

ThetaShaderPack_20150926.zip

2015/09/26 初版

□ SAFullBodyIK

SAFullBodyIK

概要

Unityの人体モデルに手軽にフルボディIKを導入するためのコンポーネントです。

SAFullBodyIK_20150716.zip

2015/07/16 一部モデルで下半身/上半身が異常にツイストする不具合の修正、首ボーンのないモデルへの対処

解説

チュー トリアル(日本語)
Tutorial(English)


□ SAColliderBuilder

SAColliderBuilder

概要

Unity 上で任意のメッシュに対してコライダーを自動生成する補助ツールです。

入手方法

アセットストアで配布中です。

解説

チュー トリアル(日本語)
Tutorial(English)


□ MMD4Mecanim (Beta)


概要

PMX(PMD) + VMD を FBX に変換するツール & Unity (Mecanim) で一通り動作させるためのスクリプトです。
Bullet Physics をサポートしています。

解説

チュー トリアル(基本編)
チュー トリアル(応用編)

2016/11/06 下記参照
- [Shader] Standard の加算スペキュラーの Inspector 対応
- [Shader] Standard シェーダーの一部機能を 5.4 相当にアップデート

MMD4Mecanim_Beta_20161106.zip


□ OVRMirror




任意のカメラ(RenderTexture)を、別ウィンドウに描画するコンポーネントです。
プラグイン拡張を行っているため、Unity Pro 専用です。
Windows 専用です。
DirectX11 / DirectX9 / OpenGL に対応しています。
Oculus SDK と組み合わせた場合は、DirectX11 のみをサポートします。

OVRMirror_20150215.zip

2015/02/15 下記参照
- Oculus Rift 側に OVRMirror のウィンドウが映り込む場合があったのを修正
- Oculus SDK 0.4.2 (Extend) でウィンドウアクティブ切り替え時のウィンドウ最少化を強制的に抑止
- OVRMirror ウィンドウを標準で最大化するように調整
- エディターモードでは標準で OVRMirror ウィンドウが起動しないように調整


□ GPUProfiler (Galaxy S6 / Galaxy S6 edge 専用)


Unity 上で、Glaxy S6/Galaxy S6 edge の GPU 情報を出力するためのコンポーネントです。

GPUProfiler_20150426_2.zip

2015/04/26(2) CPU / バッテリー温度の取得に対応


□ TextureMesh


Unity 上で、手軽にテクスチャを貼ったメッシュを生成するスクリプトです。
アウトラインに対応したテクスチャを生成するスクリプトも付属しています。

TextureMesh_20141021.zip

2014/10/21
CreateAssetのサポート, テクスチャサイズを厳密に取得するように調整
2014/10/20
初版


□ DotartEffect


Unity 上で、手軽にドット絵効果を付けるためのシェーダー及びスクリプトです。

DotartEffect_20150418.zip

2015/04/18
Shader Model 3.0 でコンパイルエラーが出ていたのを修正


□ ScanlineEffect


Unity 上で、手軽にスキャンライン効果を付けるためのシェーダー及びスクリプトです。

ScanlineEffect_20150415.zip

2015/04/15
初版


□ FadeMesh


Unity 上で、手軽にフェード効果を付けるためのシェーダー及びスクリプトです。

FadeMesh_20141019.zip

2014/10/19
初版


□ OutlineTextMesh


Unity 標準の 3D Text に、手軽にアウトライン効果を付けるためのシェーダー及びスクリプトです。

OutlineTextMesh_20141018_3.zip

2014/10/18(3) アウトライン用のTextMeshの最適化(DrawCall削減)

2014/10/18(2) アウトライン用のTextMesh生成モード(duplicateTextMesh)をサポート

2014/10/18
初版


□ SkyboxMesh.cs


※ Unity 4.5 以降で、Oculus Riftカメラへの Skybox 描画が正式に対応されました。このスクリプトは不要です。

2013/07/04
SkyboxMesh.cs (Unity 版 Oculus Rift の Skybox のズレ対策)をアップロードしました。

SkyboxMesh.cs

以下は Alpha に対応した外部マテリアル専用のシェーダーのサンプルです。
Skybox-Background-Alpha.shader

解説

SkyboxMesh.cs チュートリアル


□ Stereoarts Designer 2

本ツールについて

2D画像から疑似的な立体モデル(2.5D)を作り出す、モデリングツールです。

ダウンロード

Stereoarts Designer 2 Alpha 20121015.zip

スクリーンショット



更新履歴

2012/10/15 以下の機能を追加しました。
            - プリミティブモデリングの追加
            - プリミティブ削減機能
            - マテリアル / プリミティブ結合
            - コリジョン判定 / PNG出力最適化
            - レンダリングオプションの追加
           64bit版を同封しました。
2012/08/24 直線補間の右側 1 ラインの補間が無効化されていたのを修正
2012/08/23
一部演算精度を float から double に変更
         フッテージの位置/アンカーの指定が逆だったのを修正
                    OpenGL 初期化時の対応フォーマット追加
2012/08/04 初版